特集ななかまど

日々の雑務に追われ、
工房を訪ねられないまま時間が過ぎました。
先日、やっとお住まい兼工房のある金沢へ。
迎えてくださった笑顔の小林さんご夫妻。
同年代の気軽さか
時が経つのも忘れておしゃべり。
そして、いただいてきました。
今回も心にグッとくるものを。
ぜひ、ご覧ください。

シンプルな表現、飾らない筆使い、
それがどこか健やかさと朗らかさを感じさせます。
名前は葉紋だけれど、
見方によっては蝶紋にも見えます。
捉え方は、もちろん、その人次第。
盛り皿、鉢、取り皿と使い方もいろいろ。

ブルーとグリーンの
小さな葉っぱをつけたツルが、
まるで光をめざして伸びるように、
ぐるぐると皿全体に渦巻いたうつわです。
シックな色でまとめてあるから、
一見、静かに見えるけれど、
その実、動きがあって力強い。
料理をいきいきと彩ります。

ななかまどさんのうつわから受ける“やわらかな印象”、
その秘密はオリジナルの釉薬にあります。
天然の灰をブレンドした穏やかな釉色には、長く使い続けても飽きない魅力があります。
そこに伝統的な菊花文が加わった、
素敵な楕円皿。

こどもが描いたような絵に見えて、
絵全体から、ある種の詩情をも感じさせて、さすがだなぁと思って手にしたうつわ。
きっといつもより、楽しんで作ったんじゃないかしら。
それが、使う人にもきっと伝わるうつわ。

ぐるぐると回るコマ紋は和のクラッシクな文様。
そこにグリーンの色を使い、モダンさを醸し出すのがななかまどさんのセンス。
どこか素朴でぬくもりがある雰囲気も漂っています。

小鉢として、お鍋や煮物を取り分ける取り鉢として、
どちらにも使ってほしい色絵小鉢。
描かれた、さくらんぼの実の色表現が秀逸、かつ楽しい。
おいしい料理をいつもよりもっとおいしくしてくれます。

特集「ななかまど」 ・アイテム数/6件

並び順を変更 : | 価格順 | 新着順 | おすすめ順 |