やきもの > 花器 > 中村久一 うずくまる(焼締/小壺)

image1

  • thumb1
  • thumb2
  • thumb3
  • thumb4

やきもの世界では背が低く、むっくりした形を持つ小壷を〈うずくまる〉と呼びます。
その形がさながら、人がうずくまっているように見えるからだそうです。
中村さんのこの小壷、サイズ、形、色ともに絶妙なバランスを見せて、秀逸。
そして、空間に清浄と沈静を与えてくれます。

中村久一 うずくまる(焼締/小壺)
寸法:W5.5×D5.5×H12/口径4 (cm) 重さ:370g程度  材質:陶器  
予約:不可 
※ひとつひとつ手づくりの為、色・形が多少異なります。ご了承ください。 

中村久一プロフィール

中村さんは1946年、東京生まれ。畠山是閑に師事し、越前、福島で修業のあと加賀の地に窯を開きました。叩き技法や轆轤による焼締作品は、土味豊かで豪快、けれどほのかな温かみを感じさせるものです。時を過ごすほどに魅力を増す作品を多数製作。新宿小田急百貨店ほかにて個展。じろやではオリジナル作品をご紹介します。
【価格】
10,000 円[税抜]
  • 数量 :
  • 品切中
    在庫: 売り切れ
    最近チェックした商品