> 塩野米松 聞き書き 初代 竹内洋岳に聞く

決めごとはひとつ、
頂上に登り、生きて還る。

暗闇の中を
竹内洋岳は登り始める。
8000mの頂に立つために。
聞こえるのは自分が氷に
刻み込む爪の音だけ。
照らさせるのは
ヘッドランプのわずかな視界だけ。
やがて日が昇る瞬間が来る。
その時世界が銀色に輝く。
その瞬間を
シルバーモメントという。
その世界を語るために頂に至り、
生きて還ってくる。
それがプロの登山家
竹内洋岳のつとめだ。

著者サイン入り
塩野 米松 初代竹内洋岳に聞く
出版社:アートオフィスプリズム
サイズ:単行本
ページ数:540p

塩野米松プロフィール

作家。昭和22年、秋田県角館生まれ。作家として活躍する一方、
失われゆく伝統文化・技術についての聞き書きを精力的に行う。
西岡常一棟梁の聞き書き『木のいのち木のこころ』は大きな反響を呼んだ。
主な著書に『父さんの小さかったとき』『手業に学べ』他多数。
【価格】
1,900 円[税抜]
お買い上げ10,000円(税別)以上で「オリジナルあめ玉」をプレゼント中!
  • 数量 :
  • カートに入れる
    在庫: 残りあと1個
    最近チェックした商品