作家で選ぶ > 真鍋千恵子 > 真鍋千恵子 花の器(カップ /白い花のグラス)

image1

  • thumb1
  • thumb2
  • thumb3
  • thumb4

お酒はどんなうつわで飲むかによって気分が変わります。
極端に言えば、うつわによって味も違えば、飲む姿勢、
場の雰囲気さえ変わってくる、と思うのです。
真鍋さんが丁寧に、細やかに作った見目麗しい小さなグラス。
お酒を慈しむように抱きしめます。

真鍋千恵子 花の器(カップ /白い花のグラス)
寸法:(A) W7×D7×H7.5  (B) W6.5×D6.5×H8(cm)
重さ:90g程度
材質:磁器  予約:可  備考:電子レンジ×・食洗機×・オーブン×

真鍋千恵子プロフィール

真鍋さんは1963年、京都生まれ。九谷で作陶を学び、現在は加賀の地で、師である佐藤亮さんと共に作陶に励まれています。伝統というしばりを軽々と超える真鍋さんの世界は楽しく、キラキラして、どこかロマンティック。朝日陶芸展、朝日現代クラフト展ほかで受賞。金沢美術工芸大学非常勤講師。じろやでは定番作品をご紹介します。
【価格】
8,000 円[税抜]
  • ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    種類

    選択
    A残りあと1個
    B残りあと1個
  • 数量 :
  • カートに入れる
    在庫: 在庫確認
    あなたにおすすめの商品
    最近チェックした商品