特集「海野裕」

海野さんのうつわに触れる。
手仕事の優しさと温かみ
長年の経験を経て身につけられた
懐の深さに感心する。
ベテランがつくる、日常のうつわの味。
お楽しみください。

青と赤のシンプルな色合い。海野さん自身のロクロから生まれるやわらかな器体。料理を盛る中鉢として作ったものだけど小さめの丼としても使えます。量産品にはない味わいを。

多めに作ったほうがおいしい煮物は見た目もたっぷりとしたうつわが映えます。鍋から直接、小鉢に取り分けるよりまずは中鉢に盛り付けて。大胆な丸紋が料理を引き立てます。

新しいご飯茶碗を選ぶ。なんだか、嬉しい。新しいご飯茶碗で食べる。なんだか、いつもよりおいしい気がする…。だから、これいいな、と思ったらまずは、サイズを確かめて、選んでみてください。食卓に新しい景色が見えてきます。海野さんの素敵な飯碗。

新しいご飯茶碗を選ぶ。なんだか、嬉しい。新しいご飯茶碗で食べる。なんだか、いつもよりおいしい気がする…。だから、これいいな、と思ったらまずは、サイズを確かめて、選んでみてください。食卓に新しい景色が見えてきます。海野さんの素敵な飯碗。

海野さんの白磁はどれもしっかりとした厚さと重みがあります。言わば、質実にして剛健。持てば、海野さんの真面目さが手から伝わるはず。文字通り、花の形をした小鉢。

新しいご飯茶碗を選ぶ。なんだか、嬉しい。新しいご飯茶碗で食べる。なんだか、いつもよりおいしい気がする…。だから、これいいな、と思ったらまずは、サイズを確かめて、選んでみてください。食卓に新しい景色が見えてきます。海野さんの素敵な飯碗。

余白を生かした赤絵は物足りないくらいに見えて料理を盛り付ければパッと華やぎます。深さのある器形だから汁物にも重宝。毎日使えるうつわになると思います。

新しいご飯茶碗を選ぶ。なんだか、嬉しい。新しいご飯茶碗で食べる。なんだか、いつもよりおいしい気がする…。だから、これいいな、と思ったらまずは、サイズを確かめて、選んでみてください。食卓に新しい景色が見えてきます。海野さんの素敵な飯碗。

特集『海野裕』 ・アイテム数/8件

並び順を変更 : | 価格順 | 新着順 | おすすめ順 |